FC2ブログ
環境緑化・防災・安全資材

オーガニックマーケット

ガーデンビオン成田のオーガニックマーケットに行ってきました~

300円でネームプレート作り体験!!


1,000円でハーバリウムなど!!


外ではクッキー、シフォンケーキ、おにぎり、野菜など販売もありました。
ガーデンビオン成田のイベントは楽しい!!
スポンサーサイト
2018-10-16 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ハーバリウムトライレッスン

友達と雑貨屋さんでハーバリウムトライレッスンに挑戦!!

ハーバリウムとは、特殊なオイルの中に植物を入れた『植物標本』のこと。
最近では、カラフルな花材を特殊なオイル入りのガラスビンに詰めた、
観賞用のインテリア雑貨のことを指すことが多いです。
左3本が私の作品
友達の作品で右から2番目が私の好み!!ステキ!!


・ハーバリウム専用オイル
(市販のベビーオイルでは花材が沈んでしまったり、
花材の色を溶かしてしまうことがあります)

・プリザーブドフラワー、ドライフラワーなどの花材
(プリザーブドフラワーは、花材によっては一部着色料がオイルに溶け出す場合がございます。
ドライフラワーは、十分乾燥させたものを使用してください。
水分が残った花材を使用するとすぐに腐ります)

・密閉度の高いキャップ付きのガラス瓶
(初心者はスリムボトルがオススメ!!
幅と口が広いボトルはオシャレですが花材が浮かびやすく
初心者にはバランス良く配置するのが難しいそうです)

・長めのピンセット、ハサミ

一番左、スターチスのブルーを中心にカスミソウのグリーンをアクセントで斜めに入れ
オレンジスライスで蓋をする感じで入れてみました。
その隣はペッパーベリーのピンクやセンニチコウ、ローズバッドをいれてピンク系にしました。
その隣はミニスケルトンリーフのグリーン系でアクセントに薄いピンク色のバラを入れてみました。

簡単そうに見えて難しい色のバランスはセンスだけど・・・
瓶に花材を入れて正面に向けたいのですが難しい!!
とても楽しいハーバリウム体験でした~
2018-10-08 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

久しぶりのまとい亭

JR千葉駅北口から程近い場所にある
まとい亭に行って来ました~ 
千葉市中央区弁天2-19-40

私が30年以上前に行っていた店は
千葉駅のパシオス(旧、田原屋)側の先に古い喫茶店(カウンターしかない)と
手前に綺麗なお店が後に出来たような・・・記憶があります。

古い喫茶店の方へ友達と行っていた頃はパスタ、ケーキ共に
3種類と少なかったような・・・
カルボナーラ、タラコと思い出せない
ショートケーキ、チョコレートケーキ、チーズケーキを
友達と時々、行っては食べた記憶があります。

久しぶりに行きたいと思い検索して調べてみすと場所が代わり
メニューも豊富!!

ミックスベリーのヨーグルトスムージー
豆腐と大根おろしのあんかけ風パスタ

次回はケーキセットを食べに行きます~
2018-10-01 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

アンジェリク

今月はホワイトチョコを使ったケーキ

ホワイトチョコを使った感じがしない
ちょうどよい甘さ


間には冷凍のイチゴを入れて
色々なアレンジも出来そう!!

来月の公民館祭りに備えてシフォンケーキの復習
紅茶のシフォンケーキも一緒に添えて出来上がり~


2018-09-24 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

浅草ゆめまち劇場 Peep Show

ポールダンス、空中パフォーマンス、フロアダンスを融合した舞台公演
 
◆日時:2018年9/20-9/24
9/20(木)14:00 / 20:00、 9/21(金)14:00 / 20:00、
9/22(土)14:00 / 19:00、 9/23(日) 14:00 / 19:00、 
9/24(月)14:00 / 18:00  全10回公演


★イベントの見所
PeepShowとはフロアダンス、ポールダンス、及びエアリアルシルク等による空中パフォーマンスを
取り入れたダンス・ショーケース。
使用するポールも通常のものとは違いオリジナルの四面体型ポール「Cube」で行う事も特徴。
また、シルエット・パフォーマンスや映像とのコラボレーション等、空間演出を使ったパフォーマンスも見所。
国内外で活躍中のエアリアリスト・ポールダンサーが多数出演。
メンバーには世界大会タイトル保持者も。浅草という土地を生かし和の要素も多くとりいれ、
外国人観光客からも喜ばれる内容となっている。

★今作品のストーリー
輪廻転生をテーマに、過去とは、未来とは?生きるとは、死ぬとは?
『生命』という大きな題材に挑んだ本作。

平安時代からフランス革命時代、そして現代から超未来まで何度も別の生命に形を変えては生まれ変わる。
時には愛し合い、憎しみ合い、殺し合い。人間であったり、動物であったり。
今家族として側にいる者ともそんな関係があったかもしれない。
時空を超えて惹かれあう生命の物語。

知り合いがここに出演!!友達と前売り券を購入!!楽しみ!!
2018-09-21 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

かんぼう屋本舗


フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード