FC2ブログ
環境緑化・防災・安全資材

ロールケーキ

サツマイモのブッシュ・ド・ノエルを作りました。

ブッシュ・ド・ノエルの歴史・名前の由来は

19世紀後半にパリで作られるようになったクリスマスケーキ。ブッシュ(薪)の形を作り、さまざまにデコレーションを施します。
フランス語でノエルが「クリスマス」、ビュッシュは「木、丸太」で「クリスマスの薪」の意味。
その名の通り薪(または切り株)の形をしていて、基本的にクリスマスケーキとして食べられます。

輪切りにしていない長いままのロールケーキの表面をココアクリーム(ココアで茶色く着色したバタークリーム)で覆い、
そこにフォークでひっかくようにして波型の筋をつけて、樹皮をかたどる。さらに枝を模したチョコレートや、雪を模した
ホイップクリームや粉砂糖でデコレーションして作られます。

なぜ薪の形なのかについては幾つかの説がありますが、一つには「キリストの誕生を祝い、暖炉で夜通し薪を燃やした」
ことに由来するとも言われています。
ただしクリスマスがキリスト教以前の冬至祭を起源とするのと同様、もともと北欧の古い宗教的慣習から続くものとの
説もあります。


イチゴが小さいのでサンタさんを作るのに悪戦苦闘
これをケーキの上に乗せて出来上がり
メーリークリスマス

スポンサーサイト
2015-12-24 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

かんぼう屋本舗


フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード