FC2ブログ
環境緑化・防災・安全資材

しだれ桜



福星寺しだれ桜は、元和元年(1615年)11月に徳川家康公が江戸から東金方面に鷹狩りに来たおり金光院(福星寺の親寺)へ立寄りました。本堂の前のしだれ桜を見て「これは珍しい桜だ」といわれことのほか讃られしばしの間この桜の木に手をかけられたことから檀家の人達は「お手かけの桜」と呼ぶようになったといわれています。

縁起をかついだ福星寺は金光院のしだれ桜を株分けして頂き、創建を記念して本堂の前に植えられたとのことです。
このしだれ桜は樹齢約380年余りで目通り周囲3.3メートル、樹高14メートルで素晴らしい花を咲かせます。





JR四街道駅より千葉内陸バス「千城台駅行き」福星寺入口下車
モノレール千城台駅より千葉内陸バス「みそら団地行き」福星寺入口下車
スポンサーサイト
2017-04-06 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

かんぼう屋本舗


フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード